店舗用品  タニタ TANITA アルコールセンサー HC-211-WH

<!--{$arrProduct.name|h}--><!--{$arrProduct.name|h}--><!--{$arrProduct.name|h}-->
  • <!--{$arrProduct.name|h}-->
  • <!--{$arrProduct.name|h}-->
  • <!--{$arrProduct.name|h}-->

その他  店舗用品   タニタ TANITA アルコールセンサー HC-211-WH

注意事項

商品コード
hc-211-wh
メーカー
タニタ

商品寸法/本体質量

幅42mm×高さ24mm×奥行145mm(突起部分含む)
約130g(電池含む)

測定対象

呼気中アルコール濃度

呼気中アルコール濃度測定範囲

0.05mg/L~1.00mg/L

主な付属品

取扱説明書(本体用 保証書付)
取扱説明書(HC-211交換用センサーユニット 保証書付)
単3アルカリ電池(LR6)×2本
ソフトケース
センサーユニット交換用ネジ
簡易ドライバー
マウスピース×3個
センサーカバー
ストラップ(センサーカバーに付随)

保証期間

500回測定または購入後半年経過した場合(どちらか早い方)

発送日目安
1~3営業日で出荷

同時購入商品

まとめてカートに入れる場合は必要な商品にチェックしてください。数量はカート内でも変更できます。

商品名 イメージ 詳細 販売価格(税込) まとめてカートに入れる
予約受付(納期約3-4カ月) 交換用センサー HC-211S-WH <!--{$arrItem.name|h}-->

HC-211用交換センサー

¥4,400
数量
マウスピース(10個入) HC-21MP <!--{$arrItem.name|h}-->

HC-211用マウスピース(10個入)

¥2,800
数量
 
本体とチェックした商品を
まとめて購入

商品情報

令和4年
4月より
 安全運転管理者による
 運転者の運転前後のアルコールチェックが
「義務化」されます。
HC-211

HC-211

HC-211



タニタ(TANITA)
アルコールセンサー HC-211 (ホワイト)
HC-211
・呼気中のアルコール濃度を0.01mg単位で高精度に表示。
・センサー交換式なのでずっと使えます。

HC-211
1 低価格で初期投資を抑えます!
2 ハンディたいぷなので中間チェックや泊り輸送時・自宅出庫時もチェック可能!
3 センサーカートリッジ交換式で簡単!保守点検時のタイムラグなし!
HC-211
HC-211
タニタのアルコールセンサー タニタではアルコール検知器を1999年に発売してから、これまでに累計80万台以上を販売しております。 近年では警察による購入や、NTTドコモの「FOMAテレビ電話アルコールチェックシステム」のアルコール検知器としても採用されています。
※「FOMA」はNTTドコモの登録商標です。

HC-211
●少人数の事業者様
●遠距離輸送が多い事業者様
●多人数の事業者様の中間チェックとしてお使いになりたい方
●据置タイプの補助としてお使いになりたい方
●初期投資を抑えたい事業者様

HC-211
■主な仕様
メーカー/ブランド タニタ(TANITA)
主な材質本体:ABS樹脂、レンズ:PMMA、マウスピース:PP、センサーカバー:PP
電源DC3.0V
主な付属品取扱説明書(本体用 保証書付)、取扱説明書(HC-211交換用センサーユニット 保証書付)、単3アルカリ電池(LR6)×2本、ソフトケース、センサーユニット交換用ネジ、簡易ドライバー、マウスピース×3個、センサーカバー、ストラップ(センサーカバーに付随)
表示方式LCD表示
使用温度範囲5℃~35℃
保管温度範囲-10℃~50℃
センサー寿命500回測定または、使用開始から半年経過した場合(どちらか早い方)
検知方式半導体ガスセンサー
呼気中アルコール濃度測定範囲0.05mg/L~1.00mg/L(呼気中アルコールが検知されない場合は0.00mg/Lと表示)
測定対象呼気中アルコール濃度
呼気中アルコール濃度最小表示0.01mg/L 単位
JANコード4904785621107
商品寸法幅42mm×高さ24mm×奥行145mm(突起部分含む)
本体質量約130g(電池含む)
個装箱寸法幅215mm× 高さ58mm×奥行240mm
個装箱質量約524g
製造国中国
保証期間500回測定または購入後半年経過した場合(どちらか早い方)

※HC-211 保守管理・消耗品について

2011年5月より、運輸事業者のアルコール検知機器義務化に伴い、アルコール検知器を正常に機能させるために検知器の部品を定期的に交換する必要があります。 「アルコールセンサー プロフェッショナル HC-211」を正しくお使いいただくための手順をご確認ください。

<保守管理について>
【アルコールセンサー プロフェッショナル HC-211を正しくお使いいただくために】
○ 測定の前には必ずセンサーのクリーニングを行なってください。 特に初めてお使いいただく場合や、長期間の保管後にお使いいただく場合には5回程度、センサーのクリーニングを行なってください。 クリーニングを行なわない場合は、正しく測定できません。 クリーニングの方法については、取扱説明書の「10ページ」をご参照ください。(「HC-211 取扱説明書 PDF」)※メールHPよりご覧いただけます。(アルコールセンサー HC-211で検索)

○ 定期点検は不要ですが、正しくお使いいただくためにはセンサーユニットの交換が必要です。 次のような場合(どちらか早い方)はセンサーユニットを交換してください。

・本体表示部に「sensor」マークが表示された場合
「sensor」マークは、測定回数500回以上で表示されます。すみやかにセンサーユニットを交換してください。

・使用開始から6ヶ月以上経過した場合
使用回数に関わらず、使用開始から6ヶ月以上経過いたしますと、センサーが劣化いたします。 すみやかにセンサーユニットを交換してください。
注意:「sensor」マークは表示されません。また、「使用開始後6ヶ月経過」も表示されませんので、自己管理にてお願いします。
※ 本商品はセンサーの特性上。使用開始から6ヶ月以上経過、または500回以上測定しますと、一定の精度を保持できなくなる可能性がございますので、必ずセンサーユニットを交換してください。

○ 交換したセンサーユニットは、各地域のごみ処理ルールに従って処理してください。 材質等に関しましては、取扱説明書に記載してあります。
このページの先頭へ