感染対策用品  予約受付(納期2-3カ月)シャープ プラズマクラスター空気清浄機 FU-M1000

<!--{$arrProduct.name|h}--><!--{$arrProduct.name|h}-->
  • <!--{$arrProduct.name|h}-->
  • <!--{$arrProduct.name|h}-->

空気清浄機  空気清浄機    感染対策用品   予約受付(納期2-3カ月)シャープ プラズマクラスター空気清浄機 FU-M1000

商品コード
fu-m1000
メーカー
シャープ
発送日目安
メーカー欠品中予約受付中

同時購入商品

まとめてカートに入れる場合は必要な商品にチェックしてください。数量はカート内でも変更できます。

商品名 イメージ 詳細 販売価格(税込) まとめてカートに入れる
予約受付(3/下旬入荷) FU-M1000-W用棚置き用スタンド FZ-M100ST <!--{$arrItem.name|h}-->

FU-M1000専用 棚置き用スタンド

¥5,500
数量
 
本体とチェックした商品を
まとめて購入

商品情報

プラズマクラスター技術とは

プラズマクラスター技術は、自然界にあるのと同じ+(プラス)と-(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出。
浮遊ウイルスや浮遊カビ菌の作用を抑制するシャープ独自の技術です。

プラズマクラスターの発生メカニズム
放電電極に電圧をかけてプラズマ放電することで、空気中の水と酸素から水素のプラスイオン(H⁺)と酸素のマイナスイオン(O₂⁻)が発生します。
作用抑制メカニズム
菌やウイルスに対し、表面のタンパク質を分解して作用を抑制。またイヤなニオイ成分を分解・除去し、気にならないレベルまで脱臭。付着ニオイ原因菌の作用も抑制します。
■浮遊カビ菌・浮遊菌の作用抑制メカニズム
こんな場所で活躍しています!

医療・介護施設
人が多い入口や待合室ではウイルス集団感染予防対策として
病室やトイレではニオイ(排泄臭、生活周等)対策として

店舗
飲食店でのニオイ(混合臭)の染みつきや残り香の脱臭に

文教・遊技施設・オフィス
ホコリやアレル物質の付着防止に
集団でも安心。ウイルス等感染対策として

宿泊施設
清潔な空気でのおもてなし
食堂でのニオイの染みつき防止やウイルス集団感染防止








形名 FU-M1000-W
適用床面積の目安 空気清浄/〜66m²(40畳)※1
プラズマクラスター/約35m²(約21畳)※2
操作 ワイヤレスリモコン
電源 AC100V 50Hz/60Hz
運転モード フルパワー 静音
定格風量(m³/分) 9.0 7.8 5.0 2.3
イオン濃度(個/cm³)※3 - 約25,000 - 約7,000
運転音(dB)※4 52 48 38 25
消費電力(W) 74 48 18 8
年間電気代(円)※5 約17,500 約11,350 約4,260 約1,890
吹き出し方向/角度 2方向吹き出し/水平面に対し約-60°〜+60°、垂直面に対して-15°〜+45°
フィルター 集じんフィルター、脱臭フィルター
外形寸法(mm) 本体:幅1,124×奥行190×高さ390
質量(kg) 約12
電源コード(m) 約2.5(キャブタイヤ電源コード)

※1〈適用床面積とは〉日本電機工業会規格(JEM1467)にて規定されている項目で、自然換気回数1(1回/時間)の条件において、粉じん濃度1.25mg/m³の空気の汚れを30分でビル衛生管理法に定める0.15mg/m³まで清浄できる部屋の大きさを基準として定めている。
※2当商品を部屋の壁の中央、床上から高さ2mに設置して、部屋を商品の中心で2分割し、「強」運転・ルーバー角度を商品から、分割された空間の対角(床面)に向けた時に、分割されたそれぞれの空間の中央付近(床上から1.2m)の地点で吹き出されるイオンの個数が25,000個/cm³測定できる部屋の広さの目安です。
※3当商品を適用空間の規定の取付け位置に設置して、部屋を商品の中心で2分割し、それぞれの運転モードでの運転・ルーバー角度を商品から、分割された空間の対角(床面)に向けた時に、分割されたそれぞれの空間の中央付近(床上から1.2m)の地点で吹き出されるイオン濃度の目安です。
※4本体より1.0mの位置における測定値です。運転音は実際の据え付け状態で測定すると、周囲の環境によっては、表示値より大きくなることがあります。
※5電力料金目安単価27円/kWh(税込)[2014年4月改訂](家電公取協調べ)で算出。

施工に関しては下記リンクご確認ください。

https://jp.sharp/business/pci/support/specifications.html

このページの先頭へ