レジスター  オーダーエントリシステムセット

オーダーエントリシステムセット
  • オーダーエントリシステムセット

オーダリングシステム  レジスター   オーダーエントリシステムセット

商品コード
4021
メーカー
カシオ

保障

カシオOESヘルプデスク1年保障

使用ロール紙

-

特徴

-

発送日目安
1ヶ月以降

販売価格

販売価格 ¥799,000 (税込)
数量

商品情報


■導入までの流れ カシオテクノがお客様をサポート致します


メニュー設定打ち合わせ・環境調査(LAN工事依頼時)
店名スタンプ内容確認
設定ツールによるメニュー作成(メニュー数200件相当)
※200件以上は別途見積もり,ブックレット印刷

機器の開梱・指定場所への備え付け・動作確認
通常、稼動後1ヶ月を目安に1回訪問。
再設定、ブックレット印刷

1キー1メニューの簡単オペレーション


テーブルメニューと同様のページ方式で、1キー1メニューの簡単オペレーションを実現。 メニュー数も通常で192メニュー、シフトを使用すれば384メニューまで登録可能です。 ブックレット型ハンディターミナルならではの優れた操作性や使い勝手が、業務の効率化を促進するとともに、サービス向上、店舗の評判アップにも貢献します。



PC(OESネットワーク内)にインストールすることでユーザ様ご自身でOES設定,レジ設定を変更可能です。



カシオ オーダーエントリーの特色


抗菌加工で衛生面にも貢献

リマインダー機能で追加注文の獲得を

ハンディターミナルのケースには、衛生的な利用に役立つ抗菌加工を採用。 オーダーを送信してから、一定の設定時間が経過したことを、ブザーやバイブレーターなどでお知らせ。
お客様のテーブル状況の確認や、追加注文の獲得に役立ちます。

アルバイトの方も即戦力に

単4形乾電池・専用充電池で手軽に使用

簡単操作のブックレット型ハンディターミナルは、より短時間で操作習得が可能。アルバイト教育の手間も軽減できます。

ハンディターミナルは、一般の単4型アルカリ乾電池4本または便利な専用充電池で使用可能。
本体充電の必要がなく、手軽にご利用いただけます。

昼/夜メニューの切替も簡単

サービス向上でさらなる繁盛店へ

ランチメニュー/ディナーメニューを切り替える場合も、ページの差し替えで簡単に対応。便利な交換用ブックレット(QF-12BM)をオプションでご用意しています。

ブックレット型ハンディターミナルなら、手元操作に気を取られることなく接客サービスに集中可能。ホスピタリティのアップにも役立ちます。


安心にも徹底配慮


安心の耐衝撃・防滴設計


ハンディターミナルは、国際規格IP54に準拠した防塵・防滴性能、JIS規格防沫形準拠と、落下にも強い耐衝撃構造を採用しています。


電子機器の干渉を受け難い400MHz帯無線


オーダーデータの転送には、電子レンジなど他の電子機器の干渉が少ない400MHz帯を採用。
安心してご利用いただけます。


伝票見本


オーダー用伝票 キッチン用伝票




VX-100の特徴



売り上げ管理


売上データを登録・集計できる売上管理アプリを標準搭載。商品名と単価を設定しておけば、画面上の商品名に触れるだけで単価入力でき、
会計業務がスムーズ。商品別の売上なども画面で確認でき、飲食店や小売店の売上管理や商品管理に役立ちます。



予約管理


先の売上まで一目瞭然!レストランのディナー予約、製菓店のバースデーケーキ予約などの情報を登録・管理できます。
顧客管理アプリ、売上管理アプリと連携し、顧客名・予約内容(商品名・人数・数量など)・予約時刻などを『VX-100』で一元管理できます。

◆予約管理 : 予約情報をVX-100に登録。変更やお問い合わせにも検索機能で対応できます。
◆注文管理 : お客様の注文や要望を自由に入力し管理。パーティーや特別注文にも柔軟に対応可能。
◆予約支援 : 予約リストを印字でき、仕込みや準備などに活用できます。


顧客管理


顧客ごとの来店頻度や消費額などを分析して、様々な条件設定でお得意様リストを作成でき、
優待セールなどのプロモーションに役立てることができます。
さらに、売上管理アプリと連動し、会計時にお得意様のみ値引きすることも可能です。
顧客管理のきっかけとして標準搭載のBasic をご利用ください。


顧客情報 : お客様情報の登録、検索、削除、印刷を管理できます。


会員カードを活用した顧客管理の仕組みづくりが、より簡単、より便利に。
“通いたくなる”店舗づくりを支援します。




購買分析 : RFM分析/ランキング分析で顧客情報を分析し、DMなどのタイムリーな対策をサポート。


売上管理アプリと連携した「RFM分析」で、顧客像を自動的に見える化。的確なお客さま分析を可能にします。


RFM分析とは


Recency(最新購買日)、Frequency(購買頻度)、Monetary(累計購買金額)の3つの指標から、顧客の選別と格付けを行う分析手法。一般的に『頻繁』にしかも『最近』買ってくれたお客さまほどランクが高く、優良顧客となります。



Eメール遠隔操作


PCや携帯電話から発信されたEメールをVX-100で受信し、メール内に記載された内容を自動的に実行。
外出先から売上や予約状況などを確認することもでき、多忙な経営者をサポートします。

予約速報新規予約数と予約実行数を確認可能。現在の稼働状況と将来の稼働予測を同時にチェックできます。
顧客速報 新規会員数を確認できます。新規および追加募集の状況を常に把握することができます。


このページの先頭へ